社員教育を行なうメリットとは

教わる社員のメリット

社員教育とは社員に対して社内または社外講師を招き、マナーの習得、知識や技術の習得などを目的とした教育の事をいいます。まず会社として外に出しても恥ずかしくないような人づくりを目的として行われることがあります。まず教育を受ける対象は様々ですが新入社員はもちろんの事、キャリアを重ねた社員もステップアップの為に受けることもあります。受ける側のメリットとしてやはりマナー教育などのように一般教養を身につける事が出来るので失敗を回避する事が出来る事、知識や技術を習得することで自信につながり、将来的な幅が広がるなどがメリットとしてあげられます。社員教育を段階的に行うことでレベルにあった成長が出来ることも魅力のひとつと言えます。

会社や講師のメリット

会社の目的は売上を上げることであり、ただひたすら仕事だけを行っていても売上が上がり続けるとは限りません。売上を作るのは最終的には人です。人づくりを行うことが大切なのです。会社側が社員教育を行うメリットは人の成長だと言えます。知識を得て自信をつけさせ、様々な角度から売上を作る手段を身につけさせることができるようになります。また講師をする方は幹部の方が多いのですが、社員教育で教えることで教え方を学ぶことが出来ますし、初心に戻ることも出来ます。また若い30代の方などを講師にする会社もあります。若い世代も同様に教え方を学ぶことが出来、また再度教える事を勉強することも出来るのです。このように教える側も教わる側も双方に成長できるので教育の大切さがわかります。

© Copyright Scientific Training. All Rights Reserved.