社員教育するうえでのテクニックとは

社員教育の重要性について

社員教育とは、社会人において極めて重要なものです。若手の頃に、どのような教育を受けたかというのは、経験を重ねても大きな指針になります。またベテランでも新たな知識を得る機会というのは、極めて重要です。それらが、企業の経営に大きく影響するものです。特に、社員教育が徹底している企業では、他社に受ける評価も違いますし、数字にも表れます。新入社員において、学校では論理や知識といった、ペーパーでの理解を得ています。しかし、社会に出ることで実際の仕事と学んできたものの間に、ギャップを受けることが多々あります。そのギャップを埋めるため、また社会人としての礼儀を身に付けることが必要になります。既に社会に出た者についても、社員教育を受けることが、自分の理論を覆すことにもつながり、日々進歩する糧になります。

教育するうえでのテクニック

では、教育するうえでのテクニックについて述べます。まずは、管理者が社員の目的意識を持つ取り組みと、目標設定が出来るようにサポートします。この二点が非常に重要なもので、年代や経験に基づいた設定をする必要があります。そして、その目標に基づいた、教育計画を立てます。複数の社員を抱える管理者なら、団体で研修するのも必要です。個別の教育であれば、コーチングを取り入れることも大切なことです。上司からの命令になるティーチングと反対に、職員のやる気と発想を豊かにするコーチングは、長い目で見て優秀な社員を育てる糧になります。色々なアクシデントが起きても、柔軟に考え対応できる能力というのが、企業においては大事です。

© Copyright Scientific Training. All Rights Reserved.